蕎麦太郎の美味いそば放浪記へようこそ!
さいたま市在住のそばをこよなく愛する蕎麦太郎が送るそばの食べ歩き記録。
埼玉に住むそば好きのあなたへ送ります。

このブログをきっかけに新たなお気に入りのお店が見つかればうれしいです。


そばを地域別で探す
urawa.png minami.png midori.png


2014年03月02日

さいたま 蕎麦美味い店 番外編

丸花.jpg
蕎麦太郎が選ぶ『さいたま美味い蕎麦ベスト5』から惜しくも漏れた
名店についても再度検証してみたい。ここで語る以外にも訪れた時の感想もそれぞれのブログで語っているのでお時間のある方はお読みいただき、訪れる際の参考にしていただきたい。
さいたま美味い蕎麦ベスト5から漏れた名店として『松月庵』『竹ひろ』『丸花』を挙げたい。

松月庵.jpg
正直この3店もかなり高いクオリティの手打ち蕎麦を出していると思う。個人的に浅草へ酒を飲みに出かけることが多いのだが、時々シメで食す浅草でまぁまぁ美味いとされている蕎麦屋より上である。また個人的に2009年から4年間大阪に住んだのだが梅田で一番美味いと食べログで載っていた蕎麦屋よりも上である。浦和の蕎麦の偏差値はトップクラス65くらいなのである。
『松月庵』『竹ひろ』『丸花』とトップ5の蕎麦屋との違いは、ランチで食べてもらおうという営業的な狙いが前面にあるのと、家族連れも含めて多くの人に気軽にお手頃価格で味わってもらおうという戦略であるかもしれない。
トップ5に入っている蕎麦屋では小さい子供お断り(ベビーカーお断り)の店もあったような気がするし、店内での電話お断りとか、タバコお断り(ビジネスマンのランチ客を切る覚悟が感じられる)といったように売上よりも蕎麦哲学を重視しているように見える。




竹ひろ.jpg

私は蕎麦好きの酒好きであり蕎麦を食べる空間や時間を味わいたいと思っている。
ジャズを流す『西むら』や、料亭のような和室の『土合 やぶ』、古い民家のような『一茶庵』は
酒が進むのである。日本酒と蕎麦の製造からこだわりというのは似たようなものがあるのではないか。蕎麦にこだわりを持つ店は、出している酒にもこだわりを持っている。

蕎麦太郎が選ぶ良店蕎麦屋は酒をうまく飲める店であるということを告白しなければならない。なので美味いランチを安く食べたいというランキングであれば、またランキングも違ってくる。ここで選んだ店は例えば『竹ひろ』は駅から遠いし車で来店するが多いだろうから、経営的に酒をメインに持ってこれないんだと思う。食べログなんかにもあまり出てきていないが手打ち蕎麦は間違いなく美味いし、ツマミに頼んだ酒の肴も手抜きがなかった。良店である。しかしランチ時に3度ほど訪れたがいつも空いている。あえてここでは店名は出さないが南浦和のある蕎麦屋のように味のクオリティは捨てて、出前サービスで生き残るという手はあるかもしれない。駅から遠い都会の蕎麦屋は経営が難しいんじゃないかと個人的に思っている。
この『さいたま美味い蕎麦放浪記』ブログでは、訪れて一件一件写真と共にレポートしているので読んでいただき、実際行ってさいたまの美味しい手打ち蕎麦を食していただきたい。そして感想を聞かせて欲しいものである。




竹ひろ.jpg

posted by 蕎麦太郎 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | そば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。